読書シンドローム~北海道大学を卒業し公務員になったが、自分が何をしたいのかわからず人生という道に迷っています~

本が好きで、年間100冊以上本を読んでいます。好きな本を中心に紹介していきます(*^o^*) 病的に本が好きな方、是非読んでください(*^-^*)

超おトク!!カスピ海ヨーグルト ~ 年間約1万円も違う!? ~

【目次】

 

 

《月間/年間のヨーグルトの値段》

みなさん、ヨーグルトは好きですか?

 

毎日食べてますか?

 

私は、毎日たべています。

 

毎日食べるのは、いいんですけど、いつも大体400g入りのものを買って、3日くらいで食べているんですけど、1個あたり150円くらいしますよね。

 

そしたら、一か月で、1500円、一年で18000円ヨーグルト代ってことになりますね。(ひと月で4000g食べている計算ですね)

 

そんなに高い訳ではないですけど、3日に一回ヨーグルト買っていたら、ヨーグルトばっかり買っているような気がしてしまうんですよね。

 

ヨーグルトを買うために仕事をしているような錯覚に陥るんですよ。

 

しかも、ヨーグルトがないことに気づいたら、夜な夜なコンビニに行って(徒歩1分)買いに行くはめになるんですよ。

 

ヨーグルトだけのためにですよ?めんどくさくないですか?

 

めんどくさいけど、食べたいじゃないですか、ヨーグルト。笑

 

めんどくさいのは、この性格かな?笑

 

そこで、あることを思い出しました。

 

「そうだ!カスピ海ヨーグルトだったら、家で作り続けられるから、いちいち買わなくていいじゃん」と。

 

《カスピ海ヨーグルトにトラウマが⁉》

でも、カスピ海ヨーグルトにはトラウマがあったんですよ。

 

実は、大学生の時(一人暮らし)にも、同じような理由から(大学生の時は今よりもお金がなかったので、なおさら)カスピ海ヨーグルトをつくろうと思いました。

 

というのも、実家でカスピ海ヨーグルトを作っていたので、その菌をもらい家で作ってみることにしました。

 

作り方は簡単で、もらった菌(50~100g)を1Lの牛乳パックに入れて、ラップで蓋をして、数時間放置するだけです。

※買ったばかりものに入れたら溢れてしまうので、もちろん50~100CC減しま

 す。

 

次の日、ヨーグルトの様子を見てみると、昨日までは液体だったものが、とろとろ状態になっていました。

 

よし、うまくいった。これで節約しながらヨーグルトが食べられる!と喜びながら、一口食べると・・・・・・

 

オェーーーーーー

 

なんだこりゃーーーー

 

え?ちょっと、待てよ、やっぱおいしいかも、成功したかもしれな・・・・・・

 

オェーーーーーー

 

いや、やっぱへん、なんかおかしいわこれ、

 

でも、匂いもちゃんとしてるし・・・・・・くんくん

 

クサッ!なんだこれ、クサくない?

 

いや、気のせいか・・・・・・いや、やっぱクサイわ

 

てか、よくよく見ると、なんか黄色い

 

いや、白か・・・・・・やっぱ黄色い

 

でも、ちょっと黄色いしちょっとクサイけど、味は食べれないこともないし・・・パクッ

 

オェーーーーーーー

 

やっぱ無理、やっぱクサイ黄色いクサイマズイ

 

例えたくないけど、例えるなら、牛のオシッコでした!

飲んだことないけど、確実に牛のオシッコ

 

え?一発目で失敗?ビギナーズラックはどうした!ビギナーですよ?ラックはどこですか?私のラックはどこ?ラックをお持ちの方はいませんか?私のラックを間違って持って行った方はいませんか?それ私のラックですよ?

 

自分でつくったから、少し愛着湧いてたし、一発目ですぐに失敗したなんて認めたくないど、やっぱマズイ

 

多少黄色くて、多少くさいのは我慢できるけど、マズイのは我慢できない!

 

・・・・・・ってな感じで、カスピ海ヨーグルトを自分でつくることがトラウマとなりました。

 

なので、社会人となってからも、カスピ海ヨーグルトにすれば確実にランニングコストを下げることもできるし、いちいち買いに行かなくて済むしで、挑戦したい気持ちがあったけど、

 

カスピ海ヨーグルト=牛のオシッコだと脳が思い込んでいるから、なかなか作る気になれなかったんですよね。

 

 

そこでゴールデンウィークの時に、実家に帰った時に「毎日ヨーグルト食べてるから、カスピ海ヨーグルト作れたらありがたいんだけどねー」

 

※この時、昨日のブログで紹介した宇宙人じゃがいもも一緒にもらいました。

 この時は、じゃがいも手足が生えるなど、知る由もなかった。笑

www.ke1q84.info

 

と、母親に話したところ、

 

母:「あー、うちにあるから持ってきな」

 

私:「いやいや、大学の時に作ったやつ牛のオシッコ味になったからちょっと・・・

 

母:「粉のやつで試してみればいいじゃん」

 

私:「粉!?そんなのあるの?やるーーー」

 

 

 ってことでやりました。その完成品がこちら↓

 

f:id:ke1Q84:20180606210514j:plain

 

f:id:ke1Q84:20180606210622j:plain

 

 これ、昨日作ったものです!美味しそうでしょ??笑

 

一か月間作り続けていますが、全然黄色くないし、クサくないし、まずくないし、牛のオシッコ味でもありません。

 

正真正銘のヨーグルトです!!!

 

私が使ったカスピ海ヨーグルトの菌はこちらです。↓

 

フジッコ カスピ海ヨーグルト 種菌 (3g×2個入)

フジッコ カスピ海ヨーグルト 種菌 (3g×2個入)

 

 

 

《粉からカスピ海ヨーグルトを作る方法》

作り方は、すごく簡単です。

 

粉からスタートの場合(1回目)

①袋に入っている粉をビンに出す

 

②牛乳をビンに注ぐ

※もちろん、①で粉を入れたビンです。①とは別のビンに牛乳を注いでもヨーグルトはできません。笑

 

③軽くかき混ぜる

※もちろん、②で牛乳を入れたビンです。②とは別のビンを軽くかき混ぜても、ーグルトはできません。笑

 

④1~2日放置(暖かい日なら、数時間でOK)

※もちろん、③で軽くかき混ぜたビンです。③とは違うビンを1~2日放置しても、ヨーグルトはできません。笑

 

 

これでお終いです!ね?簡単でしょ?

 

①から④の過程で、粉の入っていないビンに牛乳を注いだり、牛乳を入れたビンとは別のビンをかき混ぜたり、かき混ぜたビンの中身を一気飲みをした後、別のビンを放置しない限り成功します。笑

 

別のビンの方に注意がいかないように気をつけてください。笑

 

 

 2回目以降の作り方

①完成したビンの中の方から、ヨーグルトを取り出し別のビンに入れる

※500mLつくるなら25g程度、1Lつくるなら50g程度で足ります。

 

②牛乳をビンに注ぐ

 

③軽く振る

 

④1~2日放置する(暖かい日なら、数時間でOK)

 

 

ね?メチャクチャ簡単でしょ?ね?笑

 

 

《市販のヨーグルトとカスピ海ヨーグルトのコストの比較》

値段からしても、牛乳1L200円だとしても、

 

ひと月4000g食べるので、牛乳4本分=800円ですね。

 

 

市販のものと比べると

 

 

【ひと月あたり】

市販のヨーグルト :1500円

カスピ海ヨーグルト: 800円

・・・・・・700円お得です!!!

 

【一年あたり】

市販のヨーグルト :18000円

カスピ海ヨーグルト: 9600円

・・・・・・8400円お得です!!!!!

 

一年にすると結構大きくないですか?

10年にすれば、8万4000円お得になるんですよ!

 

大した手間じゃないのに、これだけ安いのは大きいですよね。

  

 すごく簡単なので、ぜひ試してみてください♪

 

 

※大学生の時に失敗した理由(予想)

 ・部屋の温度が高いにもかかわらず、放置時間が長すぎ

 ・ビンじゃなくて、牛乳パックにラップして作ることで雑菌が混入(コンタミ)

 ・牛がその牛乳パックにオシッコした