読書シンドローム~北海道大学を卒業し公務員になったが、自分が何をしたいのかわからず人生という道に迷っています~

本が好きで、年間100冊以上本を読んでいます。好きな本を中心に紹介していきます(*^o^*) 病的に本が好きな方、是非読んでください(*^-^*)

【祝】映画化! 川村元気『億男』~「お金と幸せの答え」をあなたは知っていますか?~

 

 

 

 

 

 

こんにちは!

 

みなさん、お金欲しいですか?(*´▽`*)

 

それとも、凄く欲しいですか?( *´艸`)

 

私は、物凄く欲しいですヾ(≧▽≦)ノ

 

みなさんは、なぜお金が欲しいのですか?

 

欲しいものがあるからですか?

 

それとも、お金がないと不安だからですか?

 

私は、時間と自由が欲しいからです(*^-^*)

 

お金があれば、したくもない仕事をしないで済むので、その分時間が手に入れられます!

 

私を含め、お金のない人は、お金があると幸せになれると思っています、よね?(*^-^*)

 

しかし、大金を得たばっかりに不幸になってしまう人もいます。

 

ある調査によると、年収と幸福度は比例しない、という結果も出ています。

 

意外ですよね!

 

年収1000万を目標にしていて、年収が1000万もあれば幸せになれると考えている方もいらっしゃるかと思いますが、幸せになるとは限らないんですね( ;∀;)

 

実際に、年収1000万以上ある人の中には、こんなに稼いでいるのに税金が上がるばっかりで、生活水準が全然上がらないことにフラストレーションを感じている人もいるようです( ゚Д゚)

 

お金がないことを理由に不幸であるという人は、お金があっても幸せになれないのかもしれませんね(;^ω^)

 

お金と幸せ」って永遠のテーマですよね。

 

ホント、お金って難しい;^ω^)

 

そんなお金について、興味がある方に是非読んでもらいたいのが、今回紹介する川村元気さんの『億男』です(*^-^*)

 

『億男』というタイトルもすごくセンスがいいですよね(*´▽`*)

 

この本を読んでいる間はずっとお金ってなんなのかと、ずっと考える続けることになるでしょう(*^-^*)

 

 

あらすじ

『億男』のあらすじを簡単に紹介します(*^-^*)

 

主人公の一男は、娘とショッピングビルに来ていた時、「どうせ当たらないからあげる」と老婦人から福引券をもらいクジを引いた。

 

一男の娘が欲しがっていた3等の自転車は当たらなかったが、4等の宝くじ10枚が当たった。

 

この本のタイトルが『億男』なだけあって、もちろん1等の3億円があたる。

 

超ビックリした一男は、これだけの大金をどうしていいかわからないからと、大学時代の親友の九十九(つくも)に会って相談することにした。

 

久しぶりに会った九十九(つくも)は超がつくほどのお金持ちになっており、「3億円を現金で見ないで死ぬなんて馬鹿らしい」と言われ、一男は3億円を現金化して、後日そのお金を持って、再び九十九(つくも)宅を訪れた。

 

その夜は、高級料理の職人、キャバ嬢、アイドル、タレント、歌手などを呼び、どんちゃん騒ぎをした。

 

そして、朝起きると、九十九(つくも)がいなくなっており、もちろん、3億円もなくなっていた。

 

一男は、消えた3億円と九十九(つくも)の手がかりを探すべく、以前に彼と一緒にビジネスをしていた3人に会うことになる。

 

その3人はみな億万長者であるが、生き方は三者三様。

 

大金持ちから話を聞き、その生き様に触れることで一男が辿り着いた「お金と幸せ答え」とは!?

 

なぜ、九十九(つくも)は3億円を持って消えたのか!?

 

気になる方は、是非読んでみてください(*^-^*)

 

 

みどころ

『億男』のみどころを紹介します(*^-^*)

 

 

お金に関する偉人達の格言

『億男』のみどころ1つ目は、至るところに「お金に関する偉人たちの格言」が散りばめられていることです!

 

『億男』で引用されてた格言を紹介します(*^-^*)

 

「人生に必要なもの。それは勇気と想像力と、ほんの少しのお金さ」byチャップリン

 

「貨幣とは、奴隷制度の新しい形だ」byトルストイ

 

「うまくお金を使うことは、それを稼ぐのと同じくらい難しい」byビル・ゲイツ

 

「お金は鋳造された自由である」byドストエフスキー

 

「金持ちが、そのお金をどのように使うかわかるまで、その人間を褒めてはいけない」byソクラテス

 

「富は海の水に似ている。それを飲めば飲むほど、喉が渇いていく」byショーペンハウアー

 

「世間は、金持ちを尊重し、偉人として認識する」byアダム・スミス

 

「お金は世界に君臨する神である」byトマス・フラー

 

「市場を支配しているのは数字ではなく人間の心理だ」byジョージ・ソロス

 

 

一部を抜粋しようと思ったら、ほとんど載せてしまいました( *´艸`)

 

偉人がお金に関して語ったことは、すごく説得力がありますよね(*´▽`*)

 

 

個性的な億万長者たち

みどころ2つ目は、『億男』で登場する億万長者たちのキャラです( *´艸`)

 

共通していることはお金持ちであるという点のみで、

 

お金を隠している生きる者

ギャンブルの才能がある者

怪しげな宗教の教祖様

 

と、生き方はバラバラです(*´▽`*)

 

億万長者が語る「お金」についての見解は注目です!

 

 

「お金と幸せの答え」

『億男』は、「お金と幸せ」をテーマとなっています。

 

主人公の一男が辿り着く 「お金と幸せの答え」に注目です(*^-^*)

 

そして、読者であるあなたは『億男』を読んでいるあいだ、常に「お金と幸せの答え」を探し続けることになるでしょう!

 

あなたは、この本を読んだ後、お金に対する価値観が変わっているはずです(*'ω'*)

 

 

感想~「お金と幸せの答え」をあなたは知っていますか?~

 最後に、私が『億男』を読んだ感想を書いていきたいと思います(*^-^*)

 

『億男』を読んで、お金のことを考えている間は、お金持ちになることも幸せになることもできないのではないかと思いました。

 

あるいは、お金持ちになれたとしても、幸せにはなれないのかなと思います。

 

お金がもらえなくてもやり続けられること、お金関係なしに本当にやりたいことをすることが大事だと感じました。

 

お金のことを考えないで、お金に縛られないで生活をすることは難しいかもしれません。

 

お金がゼロだと生きてはいけません。

 

しかし、人生に必要なものは、勇気と想像力と、「ほんの少しのお金」なのかもしれませんね(*^-^*)