読書シンドローム~読書が好きな方のための本の紹介ブログ~

年間200冊以上本を読んでいます。本が好きな方是非ご購読ください!

【考察】五等分の花嫁の人気投票結果と考察~一番人気のキャラは、まさかのあの子!?~

 

五等分の花嫁の人気投票結果と考察

こんにちは!

 

今回は、『五等分の花嫁』の人気投票結果の紹介と考察をしていきたいと思います。

 

『五等分の花嫁』は、現在週刊少年マガジンで連載中かつ2019年冬期アニメが放送されている、今ノリにノッているマンガの1つです。

 

マンガを読んでいない方も、この機にアニメをご覧になってはいかがでしょうか?

 

ヒロイン5人もいるので、必ず推しが見つかると思います。

 

ちなみに、私は推しが4人います

 

残された1人が可哀そうだから、推しになってあげて

 

 

人気投票結果 

人気投票の結果はこちら↓です。

 

第5位 二乃

 

第4位 一花

 

第3位 五月

 

第2位 四葉

 

第1位 三玖

 

f:id:ke1Q84:20190115194126j:plain

ー「五等分の花嫁」第7巻より 

 

 

 

 

私は、五月が1位か2位で、四葉がもっと順位が低いと思っていました。

 

みなさんはいかがでしたか?

 

ちなみに、私の中の順位はこんな↓感じです。

 

第5位 二乃

 

第4位 一花

 

第1位 三玖・五月・四葉

 

はい、1位が決められません。笑

 

3人とも凄く可愛くて、凄く好きです。

 

と、そんなことはおいといて、今回の結果を見て、なぜこの順位になったのかについて、考察していきたいと思います。

 

第5位 二乃

まずは、第5位二乃から。

 

五等分の花嫁(3) (週刊少年マガジンコミックス)

五等分の花嫁(3) (週刊少年マガジンコミックス)

 

 

正直、二乃が最下位なのは予想がつきました。

 

だって、怖いんですもん。笑

 

フータローが家庭教師として初めて5人の家に行った時、二乃が何をしたか覚えていますか?

 

フータローが飲む水に睡眠薬を入れていたんですよ。笑

 

そんな恐ろしい人と付き合いたいなんて人は、なかなかいないですよね。

 

その日頃の行いが順位に反映されてしまった、ということですね。

 

しかし!

 

それはあくまでも初期の頃の話です!

 

最近の二乃は、フータローに心を開いてきています。

 

なので、人に睡眠薬を飲ませるなんてことは絶対にしません(←たぶん)

 

初日に薬を飲ませたことは本人も後悔していると思います。(←たぶんしてない)

 

最近の二乃は、一味違うんですよ!

 

なんと、あの悪魔みたいな二乃(←怒られる)の口からは絶対に聞けないようなセリフを言っていました。

 

こちらをご覧ください。

f:id:ke1Q84:20190115200738j:plain

ー「五等分の花嫁」第7巻より 

 

 

これは、フータローが運転する原付の後ろにのっているシーンです。

 

これは、かなりドキッとしました!

 

意外過ぎて、フータローに睡眠薬を飲まされたのかと思ってしまいました。笑

 

この一言で、次の順位が変わるかもしれませんね。

 

 

 

第4位 一花

続いて、第4位一花

 

五等分の花嫁(2) (週刊少年マガジンコミックス)

五等分の花嫁(2) (週刊少年マガジンコミックス)

 

 

一花は、5人姉妹の中では、一番エロいです。

 

そして、男子は全員エロいです。

 

エロが嫌いな男子はいません。(←います)

 

それなのに、なぜ一花の順位が低かったのかというと、、、理由が一つしか考えられません。

 

部屋が汚いからです。(←間違いない)

 

見てください、これ↓

f:id:ke1Q84:20190115202446p:plain

ー「五等分の花嫁」第2話より

 

さすがに、ゴミ屋敷に住んでいる子と付き合うのは、キツイですよね。

 

しかし、個人的には、一花と付き合うと楽しいのではないかと思っています。

 

なぜなら、色々な(エロい)ことをして遊んでくれそうなので、一緒にいて飽きないと思います。

 

全然エッチなことは1ミリも考えていませんよ。(←考えています)

 

一花は、部屋をキレイに掃除できたらもっと順位が上がるかもしれませんね。

 

一花の課題は、勉強ではなく、お片付けですね。笑

 

そもそも、一花にゴミ屋敷キャラの設定は必要だったのかは、多い疑問が残ります。

 

第3位 五月

続いて、第3位五月

 

五等分の花嫁(6) (週刊少年マガジンコミックス)

五等分の花嫁(6) (週刊少年マガジンコミックス)

 

 

先程も言いましたが、五月が3位というのは意外でした。

 

もしかしたら、ぶっちぎりの1位なのかもしれないと思っていましたが、大外れでしたね。笑

 

私は、五月が5人の中で一番ビジュアルが好きです。

 

そして、ちょっと食いしん坊なところがあるくらいで、欠点というのも見つかりません。

 

だから、「なんで1位じゃないの?」と疑問が残りっぱなしです。笑

 

しかし逆に、欠点がないことが欠点になっているのかもしれませんね。

 

欠点はある意味そのキャラの魅力の1つとも言えます。

 

なので、欠点がない分「無難なキャラ」になっていて、一番人気になる決め手がなかったのかもしれません。

 

あるいは、上位2人の魅力がハンパないという可能性もありますね。笑

 

個人的には、五月はもっと上位でもいいのにと思います(←しつこい!)

 

第2位 四葉

続いて、第2位四葉

五等分の花嫁(5) (講談社コミックス)

五等分の花嫁(5) (講談社コミックス)

 

 

正直、四葉がここまで人気だとは思いませんでした!

 

私は、第1印象では、四葉がぶっちぎりの1位でした。

 

自分の0点のテストを初対面の人に恥ずかし気もなくプレゼントできるメンタリティに惹かれました。笑

 

 このシーンメチャメチャ好きです!

f:id:ke1Q84:20190115205112p:plain

ー「五等分の花嫁」第1話より

 

 そう言えば、フータローが初めて5人の家に行った時も、最初からフータローの相手をしてくれていたのも四葉でしたね。

 

バカっぽくて何も考えていないように見えて(←失礼)、実は思いやりがあるところを読者はしっかりみてくれているようですね。

 

四葉は、フータローに対して恋愛感情がまったく(見せ)ない、唯一のキャラでもありますね。

 

中学生とかにいる「私、恋しないタイプだもん」という感じですかね。

 

けど、どんな子でも必ず恋はしますからね。

 

キモッ!

 

そんなこと言ったらもう一緒に寝てあげないよ

 

1回も寝たことないし!本当にキモイ!

 

 第1位 三玖

 そして、第1位に輝いたのは、三玖でした!

 

五等分の花嫁(4) (週刊少年マガジンコミックス)

五等分の花嫁(4) (週刊少年マガジンコミックス)

 

 

三玖の1位もかなり意外でした!!

 

私は、どちらかというと大人しい子が好きなので、三玖はビジュアル的にも性格的にも好きでした!

 

しかし、三玖はそこまで一般受けはせず、一部のマニアからの人気を集めるだけだと思っていました。

 

たぶん、三玖自身もそう思っていると思います。(←勝手に決めつけるな)

 

三玖が一位になった理由の1つには、フータローへの想いが真っ直ぐであることが挙げられるのではないでしょうか。

 

他の姉妹は、自分がフータローのことを好きになりそうな(あるいはなっている)時、

 

「まさか、私があんなやつ」

とか

「三玖に譲ろう」

などと、自分の気持ちと正面から向き合えない子がいます。

 

読者としては、恥ずかしがりながらも、一生懸命想いを伝えようと頑張っている、三玖の健気なところに惹かれた方も多いのかと思います。

 

 

こんなところで、『五等分の花嫁』の人気投票結果と考察になっていない考察は以上となります。

 

五人姉妹のお父さん怖すぎな件

人気投票結果とは関係ないのですが、どうしても語りたいことが1つ。

 

それは、この五人姉妹のお父さんがかなり怖いんとです。笑

 

このお父さんに「僕に娘さんをください!」なんて言えませんよ。

 

あのお父さん出てきたらキン〇マ縮むよね

 

おい、女の子がキンタマとか言うな

 

冗談はおいといて、お父さんがどんな方かと言うと、こんな方です。

f:id:ke1Q84:20190115212719j:plain

 

目が怖いですね、、、

 

失礼を承知で言わせてもらうと、サイコパスっぽいですよね。(←本当に失礼)

 

でも、表情といい、言動といい、本当にサイコパスっぽいんですよ。笑

 

ラブコメに出てくるお父さんって、ちょっと怖そうでも実は良い人が多いじゃないですか。

 

この人は、かなり怖そうで、実はメッチャ怖いパターンですよ!

 

しかし、このお父さんの怖さが、『五等分の花嫁』に良いスパイスになっています。

 

『五等分の花嫁』がそこらへんのラブコメとは違うものになっている理由の一つだと思います。

 

今後のお父さんとの絡みが楽しみです。

 

ありえませんが、お父さんのデレを見れる日を楽しみにしています。

 

併せて読みたい

 

www.ke1q84.info

 

www.ke1q84.info

 

www.ke1q84.info

 

 

 最後まで読んでいただきありがとうございました!