読書シンドローム

年間200冊の本を読む私がオススメの本を紹介します!YouTubeの聴く読書チャンネル『BTuberサカキ』も併せてどうぞ

【2019年】オススメ漫画ランキングTOP10~現在連載中のマンガをランキング形式で紹介!~

f:id:ke1Q84:20190405213145p:plain

 

2019年オススメ漫画ランキング

 

今回は、2019年現在連載中であるオススメの漫画をランキング形式で紹介したいと思います。

 

YouTubeで観たい方はこちらをどうぞ


【連載中のオススメ漫画10選】~マンガ好きは全部読んでいて当然!?~

 

第10位 かぐや様は告らせたい

f:id:ke1Q84:20190405213413p:plain

第10位は、『かぐや様は告らせたい』です!

 

 

 

 

『かぐや様は告らせたい』では、生徒会長の白銀御行(しらがね みゆき)と副会長の四宮かぐやの2人が「告ったら負け」という信念の基、「いかにして相手に告らせるか」の恋愛頭脳戦を繰り広げています。

 

このマンガがそこへんのラブコメと差別化できる点は、

 

「ギャクのセンスが高い」

 

ことです!

 

こんなに笑えるラブコメを読んだのは初めてでした。

 

また、初めは少し冷たいかぐや様が、回を追うごとにどんどんデレていきます。

 

笑えてドキドキできる「一挙両得」なアニメとなっています。

 

一挙両得って何!?

 

一石二鳥の類語だよ

 

カッコつけないで初めからそう言って

 

 

メインの2人の他にも、生徒会には魅力的(個性的)で愉快なキャラクターが多いので注目してみてください!

 

 

第9位 五等分の花嫁

f:id:ke1Q84:20190405213556p:plain

第9位は、『五等分の花嫁』です!

 

五等分の花嫁(1) (週刊少年マガジンコミックス)

五等分の花嫁(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 

 

 『五等分の花嫁』は、貧乏だけど頭の良い主人公 フータローが、お金はあるけど頭の悪い5つ子の家庭教師をする話です。

 

5つ子といっても、似てるのは顔と胸の大きさだけ。笑

 

それでは、5人のヒロインの特徴を簡単に紹介したいと思います!

 

f:id:ke1Q84:20190119133117j:plain

 ー「五等分の花嫁」第1話より

 

〇一花(一番右)

・胸が大きい

・少しエッチ

・部屋が汚い

・女優を目指している

・フータローが好き

 

〇二乃(一番左)

・胸が大きい

・ツンデレ

・小悪魔

・料理が上手い

・フータローが好き

 

〇三玖(左から2番目)

・胸が大きい

・歴史が好き

・照れ屋

・大人しい

・フータローが好き

 

〇四葉(右から2番目)

・胸が大きい

・天真爛漫

・控えめに言ってバカ

・何考えているのかよくわからない

・フータローのことが好きなのかもよくわからない

 

〇五月(真ん中)

・胸が大きい

・お嬢様

・ちょっと食いしん坊

・教師を目指している

・フータローが好き(?)

 

という感じで、5人5色となっています!

 

5人5色って何!?とは訊いてあげないよ

 

十人十色をモジったんだよ

 

訊いてないって言ってば!

 

『五等分の花嫁』は、「女の子とイチャイチャして終わり」というそこらへんのラブコメとは違っていて、ストーリーがしっかり作りこまれています

 

主人公フータローは、将来この中の1人と結婚することは分かっています。

 

しかし、その相手が誰なのかはまだ明らかになっていません。

 

今後の展開が物凄く楽しみなマンガとなっています。

 

ちなみに、この5人の人気投票結果とその考察についてはこちら↓をご覧ください。

 

www.ke1q84.info

 

第8位 エデンズゼロ

f:id:ke1Q84:20190405213716p:plain

第8位は、『エデンズゼロ』です!

 

 

 

 

 

 『エデンズゼロ』は、『フェアリーテイル』の作者 真島ヒロさんの新作です。

 

このマンガのジャンルは、「SF」です!

 

しかし、SFと言っても、サイエンスフィクションではありません。

 

 スペースファンタジーの方のSFです。笑

 

「そんな SF 聞いたことがない」という方も多いと思います。

 

それもそのはず、作者はまだ誰もやっていないことに挑戦したくて、『エデンズゼロ』を書き始めたそうです。

 

『エデンズゼロ』を読んで気づいてしましました。

 

このマンガは確実に伸びます!

 

まだ、第2巻までしか発売されていませんが、すでに相当面白いです。

 

買うなら、巻数の少ない今です!

 

 

【感想】『エデンズゼロ』第1巻

www.ke1q84.info

 

【感想】『エデンズゼロ』第2巻

www.ke1q84.info

 

 

第7位 ランウェイで笑って

f:id:ke1Q84:20190405213801p:plain

第7位は、『ランウェイで笑って』です!

 

 

 

 

 

『ランウェイで笑って』は、現在週刊少年マガジンで連載されているマンガです。

 

このマンガは、高校生のデザイナーになりたい少年と、モデルを目指す女の子の話です。

 

この少年は、親が有名ブランドを経営しており、将来は親の会社で働けるので、まさに人生の勝ち組。

 

そして、少女の方はと言うと、容姿端麗にして慎重が180cmと長身で、将来はパリコレ出場有力候補。

 

、、、という話ではありません!笑

 

『ランウェイで笑って』の中では、そのようなキャラクターも出てきます。

 

しかし、主人公の少年は、親が有名ブランドを経営してるわけもなく、とても貧乏な生活をしています。

 

服が作りたくても、兄弟が多いということもあり、布を買うお金がありません。

 

そんな家庭環境なので、デザイナーという夢を諦めかけています。

 

f:id:ke1Q84:20190119130558j:plain

ー「ランウェイで笑って」第1話より

 

 

また、少女は、見た目は可愛いですが、身長が158cmしかありません。

 

普通に生活する上では全く困りませんが、モデルとなると話は別です。

 

周りからは「そんな身長でモデルはムリだ」と言われており、オーディションも続々と落ちています。

 

それでも自分を信じて何度も挑戦する彼女の姿に胸を打たれること間違いありません。

 

f:id:ke1Q84:20190119130622j:plain

ー「ランウェイで笑って」第1話より

 

逆境の中、ひたむきに「夢」を追い求める2人の姿を見ると、自然と涙が流れてきます。

 

心の底から応援したくなりますし、自分も「もっと頑張ろう!」と前向きに生きる力をもらえるはずです。

 

 

 

第6位 響 ~小説家になる方法~

f:id:ke1Q84:20190405213904p:plain

第6位は、『響 ~小説家になる方法~』です!

 

 

 

 

 

『響 ~小説家になる方法~』は、マンガ原作で、2018年には映画が上映されました。

 

このマンガは、文学好きである15才の天才少女が主人公です。

 

『響 ~小説家になる方法~』の見どころは、主人公「響」の破天荒さにあります。

 

・人の指を折る

・自分の指を折る

・先輩と小競り合いをし、本棚を倒す

・記者に向かってマイクを投げる

 

などなど、行動がとても「自由」です。笑

 

見ていてスカッとするはずです!

 

「響、よくやった!!!」とスタンディングオベーションですよ。笑

 

子どもという無力な存在が、大人に抗う姿にかっこ良さすら感じます。

 

響が将来どんな大人になるのか非常に楽しみです!

 

『響~小説家になる方法』についてもっと詳しく知りたい方はこちら↓

www.ke1q84.info

 

 

第5位 テラフォーマーズ

f:id:ke1Q84:20190405213943p:plain

第5位は、『テラフォーマーズ』です!

 

 

 

 

 『テラフォーマーズ』を一言で表すと

 

人間 VS ゴキブリ

 

です。

 

『テラフォーマーズ』というと「あ~あのゴキブリと戦うやつでしょ?」と大抵の人は知っていますよね。

 

では、なぜゴキブリと戦わなくてはならなくなったのかご存知でしょうか?

 

知らない方のために、簡単に説明したいと思います。

 

ゴキブリと戦うことになった経緯

① 「環境破壊」や「エネルギー問題」によって将来的に「地球に住めなくなるのではないか」というのが、事の発端です。

 

② 地球以外で住むことができそうな惑星の候補として、「火星」が選ばれました。

 

③ しかし、火星は、平均気温がマイナス58度であるため、人間は住むことができません。

 

④ そこで、火星の地中に大量の二酸化炭素が凍っていることに着目

 

⑤ この二酸化炭素を溶かすことができれば、温室効果によって人間が住める気温になるのでは?

 

⑥ よし、黒くて効率的に太陽光を吸収するゴキブリを火星に放って、暖めよう!

 

⑦ 火星に行ってみたら、ゴキブリが進化して超強くなっていた

 

⑧ 退治しなきゃ(←今ココ!)

 

という流れです。笑

 

ウワサのゴキブリはこちら↓

 

f:id:ke1Q84:20190119100525j:plain

 

なかなかの破壊力www

 

見た目怖すぎ!そして、キモすぎ!

 

「じょうじ」ってセリフも絶妙にキモイwww

 

「火星に住もう」なんて考えたばっかりに大変なことになってしまいましたね。笑

 

 『テラフォーマーズ』の魅力

続いて、『テラフォーマーズ』の魅力について。

 

『テラフォーマーズ』は、「ゴキブリがキモイ」というだけのマンガではありません。

 

このマンガの魅力を2つ紹介します。

 

1つ目は、「蘊蓄(うんちく)」です。

 

先程のいかついゴキブリには、生身の身体で戦っても勝ち目はありません。

 

そこで人間たちは「モザイクオーガン手術」というテクノロジーの力を使って対抗しました。

 

「モザイクオーガン手術」を受けると、「虫」や「動物」の能力を得ることができます。

 

Q. ところで、力持ちで有名な「カブトムシ」が運ぶことができる重さは、自重の何倍かご存知でしょうか?

 

A. 正解は、50倍以上です。

 

すごいですよね!

 

50kgの人でいうと、2500kgの重さを運ぶことができるということです。

 

すごすぎですよね!笑

 

Q. では、そのカブトムシよりも力持ちで、「自重の100倍」の重さを持ち上げることができる虫は何かわかりますか?

 

A. 正解は、「(あり)」です。そして、蟻の一種の「弾丸アリ」は、「一咬みでで撃たれたかような痛みを与える」ほどパワーがあるようです。

 

面白いですよね!

 

『テラフォーマーズ』を読むと、色々な知識を身につけることができます!

 

 

続いて、面白さの2つ目は、『外国諸国との関係性』です。

 

『テラフォーマーズ』は、「ゴキブリと戦うだけ」のマンガではありません。

 

私が思う一番の見どころは、『外国諸国との関係性』にあると思います。

 

単純に「人間vsゴキブリ」であれば、話はすごくシンプルです。

 

しかし、一見そのように見えていても、

 

・ミッションの成果を自分の国の手柄にしたい国

・ミッション失敗の責任を他の国に押し付けたい国

・ゴキブリを「兵器」として利用したい国

 

などなど、各国で協力してゴキブリを倒すはずが、裏では自分たちが利益を得ることしか考えていない国が糸を引いていた、なんてこともあります。

 

「ゴキブリ」よりもたちが悪いのは「人間」ではないか、と思ってしまいますね。笑

 

ゴキブリとの戦いだけでなく、外国諸国との駆け引きにも注目です!

 

第4位 宇宙兄弟

f:id:ke1Q84:20190405214204p:plain

第4位は、『宇宙兄弟』です!

 

 

 

 

『宇宙兄弟』との出会いは印象的でした!

 

人気あるみたいだから、とりあえず読んでみようと思って第1巻を手にとると、

 

「センスしかない!!!」 

 

と感動したことを覚えています。

 

私が、『宇宙兄弟』が優れていると感じるセンスは2つあります。

 

1つ目は、「ユーモアのセンス」です。

 

ユーモアといっても、アホくさくて笑うというよりもジワジワ笑えることが多いです。

 

いわゆる「ジワル」というやつですね

 

『宇宙兄弟』の話は、宇宙でのミッションなど、命の危険と隣合わせという状況が多いです。

 

そのために、シリアスな状況におけるユーモアの効果は抜群です。

 

バクマン。』でいう「シリアスな笑い」というやつですね。笑

(ちなみに、バクマンも物凄く面白いです!)

 

 

 

 

『宇宙兄弟』の第1巻を読めば、そのユーモアのセンスが分かると思います。

 

続いて、2つ目は、「社会を風刺するセンス」です。

 

『宇宙兄弟』に登場するあるキャラクターのセリフ。

 

人の悪口というのは

仲間内で言う人は凡人 

口に出さない人は賢人

不特定多数に向けて発信する人は”暇人”ですから

ー「宇宙兄弟」27巻より

 

ネット炎上についての風刺です。

 

これを読んだ時は、「それな!」の一言しか出ませんでした。

 

頭では分かっているけど、上手く言語化できない(あるいは、していない)ことって結構ありますよね。

 

このようなセンスのある言葉を発信している作者に感服しました。

 

『宇宙兄弟』がセンスの塊であることは、第1巻を読めばわかると思いますので、まだ読んだことがない方は、是非読んでみてください!

 

 

 

第3位 約束のネバーランド 

f:id:ke1Q84:20190405214308p:plain

第3位は、『約束のネバーランド』です!

 

 

 

 

『約束のネバーランド』は、現在アニメが放送されている注目のマンガの1つです。

 

このマンガに登場する子どもたちは、「人間農園」で大切に育てられています。

 

ある程度成長すると、人を食べる「」に提供されます。

 

「自分たちは鬼の食糧である」と気づいた主人公 エマは、その農園にいる子どもたちと共に、そこから抜け出すことを企てます。

 

「鬼」とはどのような存在なのか?

 

人間と鬼が交わした「約束」とは何か?

 

今、もっとも勢いのあるマンガと言っても過言ではありません。

 

『ワンピース』作者である尾田栄一郎さんも絶賛していますので、面白くないわけがありません。

 

ちなみに、『約束のネバーランド』についてもっと知りたいという方は、こちら↓をご覧ください。

 

 

www.ke1q84.info

 

 

 

第2位 キングダム

f:id:ke1Q84:20190405214349p:plain

第2位は、『キングダム』です!

 

 

 

 

『キングダム』は、アメトークの「キングダム芸人」で紹介されてから、飛ぶ鳥を落とす勢いで売れています。

 

私は、その番組が放送されて少し経ってから『キングダム』を読み始めました。

 

『キングダム』を読んでいない理由で1番多いのは「絵が苦手」というのがあると思います。

 

という私も『キングダム』の絵に抵抗があり、読みたいという気持ちにはなかなかなりませんでした。

 

「ここまで人気出るってことは面白いはず!」と意を決して読み始めると、、、

 

「面白すぎる!!!」

 

と感動して、その勢いで最新刊まで読み切ってしまいました。笑

 

個性溢れるキャラクターと濃密なストーリーで生き読み必至です!

 

これほどクオリティの高いマンガを読んだのは本当に久しぶりで感動しました!

 

」については、読んでいて全く抵抗はありませんでした。

 

むしろ、『キングダム』の世界観に合っていて、この絵がマンガをより面白くしているとすら感じました。

 

なので、絵が苦手で『キングダム』を読まず嫌いしている方は、そこを一旦飲み込んで、まずは第1巻を読んでみてください。

 

ストーリーの面白さに魅了されて、絵が苦手であったことを忘れるはずです。

 

ちなみに、私が好きなキャラクターは、『羌瘣(きょうかい)』です。

 

 

 

『羌瘣(きょうかい)』の クールな可愛さに魅了される人も少なくないと思います!

 

 

第1位 ワンピース

f:id:ke1Q84:20190405214432p:plain

第1位は、『ワンピース』です!

 

 

 

 

ワンピースは、私が小学生の頃から今までずっと読み続けています。

 

ストーリによって、好きな話やそうでもない話はあっても、ワンピースが面白くないと感じたことは一度もありません。

 

ワンピースをじっくり読むと、1コマ1コマに工夫が見られるので、絵を見ているだけでも相当楽しめます!

 

ところで、「ワンピースを読んだことがあるのか」を周りの人に聞くと、面白い結果が得られました。

 

それは、「ワンピースを読み続けている人」「1回も読んだことがない人」にキッパリと分かれることです。

 

私を含めてワンピースを読み続けているという人は、一度ワンピースを読んで、すっかりハマってしまった人たちです。

 

そして、1回も読んだことがないたち人にその理由を聞くと、「多過ぎて手を出せない」とか「完結したら読みたい」という答えが返ってきました。

 

この気持ちはすごくわかります。

 

現在90巻以上も出版されているので、手を出しづらいと思います。

 

目標達成のコツとしてよく紹介されているのは、やることを「分割」することです!

 

なので、まずは、最初の5冊を読んでみてください!

 

それで、面白いと思わなければ、続きを読む必要はありません。

 

もし、面白かったら、また次の5冊を読む、、、というのを繰り返すと、あっという間に最新刊に辿り着いていると思います!

 

そして、最新刊が出るのが待ち遠しくて、2週目に突入しているはずです。

 

ワンピースは伏線が多いので、何回読んでも楽しめます!

 

最後に質問ですが、『ワンピース』って何かご存知でしょうか?

 

『ワンピース』を読んでいる方の中にも、

 

「マンガのタイトルってことはわかるけど、、、」

 

とよく分かっていない方も多いかと思います。

 

もし、『ワンピース』が何か知らない方がいらっしゃれば、こちら↓で紹介しておりますので、是非ご覧ください。

 

www.ke1q84.info

 

 

アニメ好きはこちらもどうぞ

こちら↓でオススメのアニメを紹介していますので、アニメが好きな方は是非ご覧ください。

 

www.ke1q84.info